最近では「パンくずリスト」必須になっていますね
この「パンくずリスト」も「構造化データ」で書いた方が効果的です

検索結果での「パンくずリスト」の表示
SEO対策
サイトの巡回をよくするため
などなど

大抵はSEO向上のためだと思います(順位には関係ないですが、検索結果に影響をあたえるようです)

今回は、その「構造化データ」を使い
「パンくずリスト」に手間をかけると
より検索エンジンやクローラーがページのコンテンツを理解しやすくする仕組みを紹介いたします

まずは
ボキャブラリー

ボキャブラリーとは

構造化データで使用する単語を定義した規格です。
よくみかけるのは
「schema.org」
ですかね。他には
「data-vocabulary.org」
もあるらしいですがGoogleは「schema.org」を推奨しているようです。

次は書き方

書き方

JSON-LD
Microdata
RDFa
などが、あります。
Googleは「JSON-LD」を推奨しているようです。

次はテスト

テスト

構造化データでマークアップしたら
テストが必要ですね
そのためにも下記ツールを使い検証してみましょう。
https://search.google.com/structured-data/testing-tool/u/0/?hl=ja#

「Googleは○○○を推奨しているようです。」
がよく出てきましたがSEOに関してはGoogleが推奨しているもので問題ないと思います。

少し手間がかかりますが「構造化データ」を使用してマークアップした方が
SEO効果は上がると思います。

それでは、このへんで失礼します