だれでも簡単にホームページを更新!

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、ホームページを管理・更新できるシステムのことをいいます。「CMS」といったときには、どのようなプログラムを使うかは別として、「Web制作を業務としない一般的なユーザーであっても簡単にページを作成・更新し、ページの公開・非公開の管理を容易に行うことができるツール」と考えます。 CMS

企業はサイトを持つことが当たり前となり、さらに、ただ名刺代わりに所有するのではなく、「せっかくホームページを構築するのであれば積極的に更新して活用したい」というニーズが高まってきました。また、ホームページ制作後の更新作業は、テキストや画像の追加や入れ替え・削除などが多いと思いますが、実際の作業では、HTML(ハイパー テキスト マークアップ ラングエジ)やCSS(カスケーディング スタイル シート)と呼ばれる専門的な知識や技術が必要で、他のページからのリンクを設定するなど、時間と手間がかかる作業です。

各会社・法人のWEB担当者が行わず、制作会社に更新を任せている場合、通常、更新作業は
【修正・追加コンテンツの発生】⇒【社内部門内での打ち合わせ】⇒【制作会社に依頼】⇒【制作】⇒【アップロード】のような手順が踏まれます。

頻繁に更新するページがある場合、このような行程でやっていては、スピーディな更新とは言えません。こんな時にCMSで担当者が更新できれば効率よく作業が進むことでしょう。

CMSは更新作業をスピーディー・効率的なものにした!

CMSでは、専門知識が必要な部分は全てシステム側に制御させ、テキストや画像などの情報のみを入れていくことで、簡単にWebサイトを更新することができます。また、サイト内のナビゲーション(左メニューなどのリンク)や、新着情報など、必要なリンクの更新は、自動的に行われます。CMSは、Web担当者が専門的な知識を学習することなく、誰でも簡単にWebサイトを更新・管理することができる大変便利なシステムです。

「WordPress」の他「baserCMS」・「a-blog cms」・「XOOPS(ズープス)」などさまざまなCMSシステムがありますが、Webサイトつくり隊ではWordPressのCMSを中心にご提供しております。

Webサイトつくり隊公式サイト

http://wscc-shane.com