Googleがウェブマスター向けガイドラインを大幅改定

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja  

「Webの世界は急速に変化していくものです。Web制作に携わる人たちは、常に最新の情報を持ちそれを理解し制作をする必要があります。」と、常々メンバーに話していた私ですが、先週のミーティングの際に、制作メンバーからGoogleが、『ウェブマスター向けガイドライン』を大幅改定したそうです。」との報告を受けました。私の方が、ぼんやりしていて情報に乗り遅れているじゃないか~と反省すると共に、ちゃんと情報をキャッチしてるメンバーが居てくれて、安心しました。

さて、その内容ですが、「Googleが、先日、Googleがwebサイト管理者、つまりウェブマスター向けに提供しているガイドライン「ウェブマスター向けガイドライン」を大幅改定した」ということでした。  メンバーがこのことについて書かれているブログを調べてGoogleドライブ上に、乗せておいてくれました。このウェブマスター向けガイドラインに書かれていることは、「どういう風にすればGoogleがページをインデックスしてくれやすくなるのか、反対にこれをやったらスパム行為ですよ」ということです。

 

どういう風にすればGoogleがページをインデックスしてくれやすくなるのか

■ 重要なコンテンツのデフォルト表示(重要なコンテンツはテキストで記述、画像でもOK!)
■モバイル対応はぜったい大事(いまさらながらという感じ)
■HTTPSを推奨します(全ページにした方がいいのではと言っているようです)
■アクセシビリティを意識した制作(これは、大事!スクリーンリーダーによるユーザビリティをテスト?)
■各ページへのテキストリンク・画像リンク数の制限(最大で数千個だそうです)
■サイトマップの作成(人が読める形式で記載することが奨励されています) その他
■ページ上の広告リンクをどう処理するかSEO
■ページの読み込み時間をチェックするツールの紹介
■コンテンツ(ページの文章や写真等)を作るときに注意すること
■「Wordpress」などのCMSを利用する際に気をつけることも
■やってはいけないこと(スパム行為)一覧 も載っています。

 

食事で言えば、まだ、出てきた料理をながめている・・・そんな段階ですが、 それでも、これは、今後の制作に注意が必要だということは、わかります。  特に気になる料理は、

・重要なコンテンツのデフォルト表示 ・HTTPSを推奨  この続報はまた後日・・・

 

Webサイトつくり隊公式サイト

https://wscc-shane.com