視覚障がいに関するアクセシビリティ

本日は、視覚障がいに関するアクセシビリティについてお伝えしたいと思います。

技術の発展やWeb制作者のアクセシビリティの意識の向上によって、他者の介助に依存することなく、情報の取得と発信の可能性を拡げることが、視覚障がいがあることに関わらずWEBを自分のものにし、仕事や生活を豊かにしていくことに繋がるのではないかと思います。

(以下はwikipediaからの情報を掲載させたいただきます)

【視覚障害:失視】
スクリーンリーダーあるいは音声ブラウザと呼ばれる支援技術を用いる。音声認識や合成音声による音訳への対応が課題となる。なお、印刷物に対して光学文字認識(OCR)を行い音声化する方法では、枠線などで読めない場合が多い。

【視力障害:重度弱視】
重度弱視 (ロービジョン)では、文字拡大の手段と、場合により音声の手段とを使い分ける事が多い。コンピュータ上では画面をルーペで拡大する場合と、ソフトウェアで拡大する場合がある。文字の大きさが小さいと特に読みづらさが増すので、大きめに設計してほしいという当事者もいる。なお、印刷物では拡大読書器などモニターに拡大表示を行う装置が存在する。音声による手段については、失視と同様である。

Web制作者ができることは、すべ7dd57bd1160aaac513596699878df453_sてやろう!

【望まれる方法】
・画像への代替テキスト。(<img alt=”画像が見えない場合の説明” />)
・重複する表記の省略:タイトルやメニューの一覧などを、スクリーンリーダーや音声ブラウザでジャンプする。(<a href=”#mainText”>本文へジャンプ</a>・・タイトル・メニュー・・・<a id=”mainText”>本文</a>))
・リンクの範囲を大きく( tabindex や、アクセスキーの使用)
・文字サイズの可変性:文字の大きさを特殊なソフトを使用しなくても拡大できる。文字の・大きさを絶対サイズではなく、相対サイズで定義すれば、汎用ブラウザで拡大ができる。
・スタイルシートの解除や、ユーザスタイルシートに対応した属性の定義。
・色覚異常(第一、第二、第三、全色盲)への配慮を可能な限りする。赤・緑・黄・水色などにウェブデザイナーが注意する。

 

アクセシビリティを図るツール

やたら小さな文字にしたり、薄い色のフォントにしたり、リンクの範囲がやたら小さかったりしたら、ウェブマスターツールがメッセージを送って指摘してくれますが、その前に、次の3つのようなアクセシビリティを図るツールがあります。

【参考サイト】https://weba11y.jp/tools/

Web Accessibility Toolbar 2012J

カラー・コントラスト・アナライザー 2013J

aViewer 2013 日本語版

Webサイトつくり隊公式サイト

http://wscc-shane.com