IllustratorPhotoshopの選択

HP作成で画像サイズ変更や加工、イラスト作成をする場合に良く使用するソフトでAdobeの「Illustrator」「Photoshop」があります。

この2つのソフトは、画像加工、作成では共通ですが、使用する場面で用途が違います。

●Illustrator

  • 主にイラストを作成するのに特化しています。
  • 正方形や正三角形などの規則正しい図形を作成できます。
  • HPでのボタンなどの作成では、Illustratorの方が手早く作成できます。
  • しかし、写真画像の色彩などの詳細加工や、手書きの様なランダムなイラスト作成には不向きです。

 

●Photoshop

  • 主に写真加工に特化しています。
  • 写真の色彩や光度などの調整、文字や人物の顔に「モザイク」や「ぼかし」などの特殊加工が出来ます。
  • 「ペンタブレット」と言う専用機材を使えば、手書きの様な感覚でイラスト・文字を作成できます。
  • HPでの写真のサイズ変更などは、Photoshopの方が手早く作成できます。
  • しかし、単純な円や四角のような規則正しい図形などを作成するには不向きです。

 

このように、「Illustrator」「Photoshop」には長所と短所が存在し、それぞれに合った「画像」「イラスト」の作成で使い分ける必要があります。

 

IllustratorPhotoshopでの保存画像の種類

「Illustrator」「Photoshop」で画像を保存する場合には、注意すべき事があります。

「Web用に保存」を選ぶと、Illustrator場合は表示されている図形や画像のサイズで保存され、Photoshop場合は表示されている作成画面サイズで保存されます。

画像の種類で、「JPEG」「PNG」「GIF」があり、用途によって選択しなければなりません。

JPEG

  • 高画質の写真やイラストに使われます。
  • HP上で詳細かつ綺麗に表示させたい場合に使用します。
  • 高画質なため、データ量が重くなりロード時間が掛かる場合があります。

PNG

  • イラストやHP用の画像です。
  • フルカラーに対応しており、色彩を多く使うイラストで多く使う画像に使用します。
  • JPEGより軽いが、写真に使用するとある程度の画質は落ちます。

GIF

  • イラストやHP用の画像です。
  • 最大 256 色で、モノクロや色彩の少ないイラストなどで使用します。
  • 最も軽いため、ロード時間の短縮になるが、色彩が256 色しか無いので写真に使用すると画質が落ちます。