WEB制作関連の各部門シェア調査:内製グラフのチャットAIによる分析結果と問い合わせ結果 – 第001回(2024年05月までの年間データ)

お久しぶりの投稿のYNです。
よろしくお願いいたします。

2024年6月から定期的に、事業所内で実施していた(私は2024年の1月くらいから担当)、WEBブラウザなどの日本や世界のシェア調査を部分的に、Webサイトつくり隊のお客様や、将来のお客様に参考情報として共有させて頂きたいと思います。

情報の内容としては、各グラフ画像は私が毎月事業所で作成している、Statcounter Global Statsのサイトからダウンロードした、各グラフのCSVファイルのデータをGoogleスプレッドシートに貼り付けて、私がグラフ化したものです。
そのグラフ画像をマルチモーダルなチャットAIに読み込ませ、「添付画像のグラフの簡単なランキングの解説をお願いします。」のテキストプロンプトでの分析結果です。
具体的には、グラフ解析結果は、WEBブラウザのデスクトップ(PC)とモバイル(スマホ)の日本と世界のシェア、SNS(全てのプラットフォーム)の日本と世界のシェア、モバイル(スマホ)メーカーごとのシェア、です。
追加情報として、PC vs モバイル vs タブレットや、スマホの機種やメーカーごと(iPhoneとアンドロイド)のシェアのランキングの、AIへの問い合わせ結果も有ります。

ご参考になれば幸いです。

以降が、私の作成したグラフ画像とチャットAIによる分析結果です。
グラフ画像が小さくて見えない場合は、ブラウザの拡大機能(PCですと、[Ctrl]キーを押しながらマウスホイールを回す)などを使ってみてください。
チャットAIは、現在はグラフ解析は主にClaude3.5 Sonnetです。他にCopilotGemini1.5ChatGPT(GPT-4o)を使っています。

注意:Claude3.5 Sonnetのグラフ解析結果が、引用データ元のCSVファイルがランキング順に並んでいないものを、順番通りの順位で表現してしまったりして順位がおかしくなったりしていますので、鵜呑みにできない分析結果になってしまっています。
チャットAIのハルシネーション(幻覚)は現状解消できているAIというのは存在しないため、間違った分析も混じっている可能性があることを踏まえてご参考にされてください。


スクリーンショット_Browser Desktop Market Share Japan-monthly-202305-202405_25-6-2024_23140

この画像は2023年5月から2024年5月までの日本におけるデスクトップブラウザの市場シェアを示しています。2024年5月時点での主要なブラウザのランキングは以下の通りです:

1. Chrome: 65.5%のシェアで圧倒的に優位です。
2. Edge: 21.6%で2位につけています。
3. Safari: 4.8%で3位となっています。
4. Firefox: 5.8%で4位です。
5. Opera: 0.7%で5位です。

左側のグラフは1年間の推移を示しており、Chromeが一貫して60%以上のシェアを維持し、Edgeが20%前後で安定していることがわかります。他のブラウザは比較的低いシェアで推移しています。

右側の円グラフは2024年5月時点の市場シェアを視覚的に表現しており、ChromeとEdgeが市場の大部分を占めていることが一目で分かります。

全体として、ChromeとEdgeが日本のデスクトップブラウザ市場を支配しており、他のブラウザは比較的小さなシェアにとどまっていることが見て取れます。

 

 

スクリーンショット_Browser Desktop Market Share Worldwide-monthly-202305-202405_25-6-2024_23237

この画像は世界のデスクトップブラウザの市場シェアを示しています。2024年5月時点での主要なブラウザのランキングは以下の通りです:

1. Chrome: 64.9%のシェアで圧倒的首位です。
2. Edge: 13.1%で2位につけています。
3. Safari: 8.8%で3位となっています。
4. Firefox: 6.6%で4位です。
5. Opera: 3.2%で5位です。
6. 360 Safe Browser: 1.1%で6位です。

左側のグラフは2023年5月から2024年5月までの1年間の推移を示しており、Chromeが一貫して60%以上の高いシェアを維持していることがわかります。他のブラウザは比較的低いシェアで安定して推移しています。

右側の円グラフは2024年5月時点の世界市場シェアを視覚的に表現しており、Chromeが市場の約3分の2を占める圧倒的な存在感を示しています。EdgeとSafariが続いていますが、Chromeと比べるとかなり小さなシェアです。

全体として、Chromeが世界のデスクトップブラウザ市場を支配しており、他のブラウザは比較的小さなシェアを分け合っている状況が見て取れます。また、この世界市場のデータは先ほどの日本市場のデータと比較すると、Edgeのシェアがやや低く、SafariとFirefoxのシェアがやや高いという違いがあります。

 

 

 

スクリーンショット_Browser Mobile Market Share Japan-monthly-202305-202405_25-6-2024_23313

この画像は2023年5月から2024年5月までの日本におけるモバイルブラウザの市場シェアを示しています。2024年5月時点での主要なブラウザのランキングは以下の通りです:

1. Safari: 51.7%のシェアで首位です。
2. Chrome: 42.5%で2位につけています。
3. Samsung Internet: 2.7%で3位となっています。
4. Firefox: 0.9%で4位です。

左側のグラフから以下の傾向が読み取れます:
– Safariのシェアが徐々に減少傾向にある一方、Chromeのシェアが増加傾向にあります。
– 他のブラウザは比較的低いシェアで推移しています。

右側の円グラフは2024年5月時点の市場シェアを視覚的に表現しており、SafariとChromeが市場の大部分を占めていることが一目で分かります。

全体として、日本のモバイルブラウザ市場はSafariとChromeによって支配されており、特にiPhoneユーザーの多さを反映してSafariが優位に立っています。ただし、Chromeのシェアが増加傾向にあることから、両者の競争が激しくなっていることが推測されます。他のブラウザは比較的小さなシェアにとどまっています。

 

 

 

スクリーンショット_Browser Mobile Market Share Worldwide-monthly-202305-202405_25-6-2024_23350

この画像は世界のモバイルブラウザの市場シェアを2023年5月から2024年5月までの期間で示しています。2024年5月時点での主要なブラウザのランキングは以下の通りです:

1. Chrome: 65.9%のシェアで圧倒的首位です。
2. Safari: 23.5%で2位につけています。
3. Samsung Internet: 4.4%で3位となっています。
4. Opera: 2.2%で4位です。
5. UC Browser: 1.5%で5位です。

左側のグラフから以下の傾向が読み取れます:
– Chromeが一貫して60%以上の高いシェアを維持しています。
– Safariは20-25%程度で安定しています。
– 他のブラウザは比較的低いシェアで推移しています。

右側の円グラフは2024年5月時点の世界市場シェアを視覚的に表現しており、Chromeが市場の約3分の2を占める圧倒的な存在感を示しています。SafariがChromeに次ぐシェアを持っていますが、Chromeと比べるとかなり小さいです。

全体として、世界のモバイルブラウザ市場はChromeによって大きく支配されており、Safariが2位につけている状況です。これは、Androidスマートフォンの普及率の高さとiPhoneユーザーの割合を反映していると考えられます。他のブラウザは比較的小さなシェアにとどまっています。

この世界市場のデータは先ほどの日本市場のデータと比較すると、Chromeのシェアが非常に高く、Safariのシェアが低いという大きな違いがあります。これは日本特有のiPhone人気が反映されていない世界的な傾向を示しています。

 

 

 

スクリーンショット_Social Media Stats All Platforms Japan May 2023 - May 2024_25-6-2024_23448

この画像は日本のソーシャルメディアプラットフォームの利用状況を2023年5月から2024年5月までの期間で示しています。2024年5月時点での主要なプラットフォームのランキングは以下の通りです:

1. YouTube: 44.6%のシェアで首位です。
2. Twitter: 40.1%で僅差の2位につけています。
3. Facebook: 6.1%で3位となっています。
4. Instagram: 4.6%で4位です。
5. Pinterest: 2.3%で5位です。

左側のグラフから以下の傾向が読み取れます:
– TwitterとYouTubeが他のプラットフォームを大きく引き離して上位を占めています。
– 2024年初頭にYouTubeの利用率が急激に上昇し、Twitterを追い抜いています。
– 他のプラットフォームは比較的低い利用率で推移しています。

右側の円グラフは2024年5月時点の利用率を視覚的に表現しており、YouTubeとTwitterが市場の大部分を占めていることが一目で分かります。

全体として、日本のソーシャルメディア市場はYouTubeとTwitterによって支配されており、この2つのプラットフォームで全体の約85%を占めています。FacebookやInstagramなど他のグローバルで人気のあるプラットフォームは、日本では比較的小さなシェアにとどまっています。

この結果は、日本特有のソーシャルメディア利用傾向を反映しており、特にTwitterの高い人気が特徴的です。また、YouTubeの急激な成長も注目すべき点です。

 

 

 

スクリーンショット_Social Media Stats All Platforms Worldwide May 2023 - May 2024_25-6-2024_23522

これらのグラフは2023年5月から2024年5月までの世界的なソーシャルメディアプラットフォームの利用状況を示しています。

2024年5月時点での人気ランキングは以下の通りです:

1. Facebook: 61.2%で圧倒的な1位を維持しています。
2. Instagram: 11.6%で2位につけています。
3. YouTube: 9.4%で3位です。
4. Twitter: 7.5%で4位となっています。
5. Pinterest: 7.3%で5位です。

その他のプラットフォームはより小さなシェアを持っています:
– reddit: 2.1%
– LinkedIn: 0.6%

左側の折れ線グラフは、この1年間の各プラットフォームの推移を示しています。Facebookが一貫してトップを維持し、他のプラットフォームがそれに続いていることがわかります。

全体として、Facebookが社会的メディア市場を大きく支配していますが、InstagramやYouTubeなども重要な位置を占めていることが見て取れます。

 

 

 

スクリーンショット_Vendor Mobile Market Share Japan May 2023 - May 2024_25-6-2024_2363

この画像は、2023年5月から2024年5月までの日本におけるモバイル端末メーカーのマーケットシェアを示しています。

2024年5月時点でのランキングは以下の通りです:

1. Apple: 60.2%で圧倒的な1位を維持しています。
2. Unknown(不明): 8.4%で2位です。
3. Samsung: 7.5%で3位につけています。
4. Google: 5.8%で4位となっています。
5. Sony: 4.6%で5位です。
6. Xiaomi: 4.4%で6位です。
7. Oppo: 2.1%で7位です。
8. Huawei: 1.9%で8位となっています。

左側の折れ線グラフから、Appleが過去1年間を通じて一貫して60%以上のシェアを維持していることがわかります。他のブランドは10%未満のシェアで推移しています。

注目すべき点として:
– Appleが日本のモバイル市場で圧倒的な支配力を持っています。
– 「Unknown」が2位というのは興味深く、これは特定できない機種や小規模メーカーの合計を示している可能性があります。
– 国内メーカーのSonyが5位にランクインしています。
– 中国メーカー(Xiaomi、Oppo、Huawei)も一定のシェアを獲得しています。

全体として、日本のモバイル市場はAppleが大きくリードし、他のメーカーが小さなシェアを分け合っている状況が見て取れます。

 

 

 

スクリーンショット_Vendor Mobile Market Share Worldwide May 2023 - May 2024_25-6-2024_23648

この画像は、2023年5月から2024年5月までの世界のモバイル端末メーカーのマーケットシェアを示しています。

2024年5月時点での世界的なランキングは以下の通りです:

1. Apple: 27.7%でトップシェアを獲得しています。
2. Samsung: 24.0%で2位につけています。
3. Xiaomi: 11.4%で3位となっています。
4. Unknown(不明): 7.6%で4位です。
5. Oppo: 5.9%で5位です。
6. Vivo: 5.2%で6位となっています。
7. Huawei: 3.3%で7位です。
8. Realme: 3.6%で8位です。
9. Motorola: 2.3%で9位です。

左側の折れ線グラフからは、AppleとSamsungが過去1年間を通じて上位2社の地位を維持していることがわかります。他のブランドは10%台以下のシェアで推移しています。

注目すべき点:
– AppleとSamsungが世界市場の約半分を占めています。
– 中国メーカー(Xiaomi、Oppo、Vivo、Huawei、Realme)が合計で約30%のシェアを持っています。
– 「Unknown」が一定のシェアを持っており、これは小規模メーカーや特定できない機種の合計を示している可能性があります。
– 日本市場と比較すると、世界市場ではAppleの優位性が小さく、競争が激しいことがわかります。

全体として、世界のモバイル市場はAppleとSamsungが主導しつつも、中国メーカーが強い存在感を示している状況が見て取れます。

 

 

 

自分
PCとモバイル とタブレットの機種ごとのシェアの割合を教えて下さい。

———————————————————————-

Copilot
webを使用しています

もちろんです!2023年のデータに基づいて、日本と世界のPC、モバイル、タブレットのブラウザシェア率をお伝えします。

まず、日本における平均マーケットシェア率は以下の通りです:
PC: 61.08%
モバイル: 36.69%
タブレット: 2.23%

一方、世界全体では以下のようになっています:
PC: 44.59%
モバイル: 53.59%
タブレット: 1.82%

日本ではPCのシェア率が高く、世界ではモバイルが最も高い結果となっています。12

なお、2021年12月のデバイス別シェアでは、パソコンがスマートフォンを上回っていることもあります。34
詳細情報
1qbook.jp2news.mynavi.jp3news.mynavi.jp4news.mynavi.jp5kinsta.com

 

 

 

自分
日本で一番使われているiPhoneは何ですか。ベスト10を上げてください。

———————————————————————-

Copilot
日本で一番使われているiPhoneのベスト10をお伝えします。2021年のデータに基づいて、以下がランキングです:
1.iPhone SE(第2世代): 2020年の2位から順位を上げて1位に。
2.iPhone 12: 2020年の1位から2位に。
3.iPhone 12 mini: 2020年の3位から3位に。
4.iPhone 12 Pro: 2020年の4位から4位に。
5.iPhone 13: 2020年の6位から6位に。

iPhoneシリーズがトップ10に入っており、その他ではシャープのAQUOS sense5Gが5位にランクインしています。123
詳細情報
1bing.com2iphone-mania.jp3sekasuma.co.jp4nlab.itmedia.co.jp5iphone-mania.jp6gettyimages.com+2 その他

 

Geminiにも聞いてみました。

日本で一番使われているiPhoneは何ですか。ベスト10を上げてください。

———————————————————————-

2024年6月7日現在、日本で一番使われているiPhoneのベスト10は以下の通りです。

1位:iPhone SE(第2世代)
2位:iPhone 13
3位:iPhone 15 Pro Max
4位:iPhone 14 Pro
5位:iPhone 15 Plus
6位:iPhone SE(第3世代)
7位:iPhone 14
8位:iPhone 12
9位:iPhone 11
10位:iPhone XR

このランキングは、MMD研究所の調査データに基づいています。調査対象は、全国の16歳以上のスマートフォンユーザー1万6453人です。

1位となったiPhone SE(第2世代)は、2020年発売のモデルですが、A13 Bionicチップ搭載で処理速度が速く、ホームボタン搭載で使いやすいことから、根強い人気があります。
また、価格は比較的安価なため、コストパフォーマンスの高いモデルとしても評価されています。

2位のiPhone 13は、2021年発売の最新モデルです。高性能なA15 Bionicチップを搭載し、カメラ性能も向上しています。
バッテリー持ちも改善されており、幅広い層から支持されています。

3位以下の上位機種は、いずれも2022年以降に発売された最新モデルです。
高性能なチップ、高画質なカメラ、大画面ディスプレイなど、最新技術を搭載しており、ハイエンドなスマートフォンを求めるユーザーから人気があります。

なお、このランキングはあくまでも調査結果に基づいたものであり、実際の利用状況は異なる場合があります。

参考情報:

MMD研究所:[無効な URL を削除しました]
iPhoneおすすめ人気ランキング|歴代41機種を徹底比較!【2024年6月最新】: https://mobile.hamic.ai/iphone-osusume/
いま使っている「iPhone」の機種ランキング! 2位「iPhone 13」、1位は根強い人気で専門家も納得の……?: https://news.allabout.co.jp/articles/o/67052/

 

 

自分
日本で一番使われているアンドロイドは何ですか。ベスト10を上げてください。

———————————————————————-

Copilot
日本で人気のあるAndroidスマートフォンのベスト10をお伝えします。2024年6月時点のデータに基づいて、以下がランキングです:
1.Google Pixel 8a: 6.1インチのスマートフォンで、バッテリー持ちが良く、カメラ性能も高評価です1.
2.シャープ AQUOS sense8: 6.1インチの耐水・防水スマートフォンで、バッテリー持ちが優れています1.
3.Google Pixel 7a: 6.1インチのスマートフォンで、カメラ性能が高く、おサイフケータイも搭載されています1.
4.Xiaomi Redmi Note 13 Pro 5G: 6.7インチの耐水・防水スマートフォンで、高解像度のカメラと大容量バッテリーを備えています1.
5.Xiaomi POCO F6 Pro: 6.67インチのスマートフォンで、高性能なカメラと大容量バッテリーを搭載しています1.
6.SONY Xperia 1 VI (RAM 12GBモデル): 6.5インチの耐水・防水スマートフォンで、多彩なカメラレンズを備えています1.
7.サムスン Galaxy S24: 6.2インチの耐水・防水スマートフォンで、高性能カメラとコンパクトなサイズが特徴です1.
8.Xiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5G: 6.67インチの耐水・防水スマートフォンで、高解像度のカメラと大容量バッテリーを搭載しています1.
9.MOTOROLA motorola edge 40: 6.55インチの耐水・防水スマートフォンで、高性能カメラとスリムなデザインが魅力です1.
10.OPPO Reno9 A: 6.4インチの耐水・防水スマートフォンで、高性能カメラとスタイリッシュな外観が特徴です1.

これらのスマートフォンは、日本市場で人気を集めています。2
詳細情報
1kakaku.com2sekasuma.co.jp3cmc-japan.co.jp4sakidori.co

 

Geminiにも聞いてみました。

日本で一番使われているアンドロイドは何ですか。ベスト10を上げてください。

———————————————————————-

日本で一番使われているAndroidスマホ:ベスト10(2023年9月時点)
MMD研究所の調査によると、2023年9月時点における日本国内のAndroidスマホシェア(累計)は以下の通りです。

1位:AQUOS(シャープ) (28.0%)
2位:Xperia(ソニー) (21.2%)
3位:Galaxy(サムスン) (14.1%)
4位:OPPO (7.5%)
5位:Google Pixel (5.7%)
6位:ファーウェイ (5.4%)
7位:モトローラ (4.8%)
8位:ASUS (4.4%)
9位:京セラ (4.3%)
10位:NEC (3.8%)

上位3機種の詳細

AQUOS(シャープ): シャープが発売するAndroidスマホの総称。大画面、高画質、高音質に定評があり、幅広い年齢層から支持されています。特に、AQUOS senseシリーズは、コストパフォーマンスの高いモデルとして人気があります。
Xperia(ソニー): ソニーが発売するAndroidスマホの総称。カメラ性能に優れており、写真撮影を重視するユーザーから人気があります。近年は、省電力性能にも力を入れています。
Galaxy(サムスン): サムスンが発売するAndroidスマホの総称。高性能なモデルからエントリーモデルまで幅広いラインナップを展開しています。Galaxy Sシリーズは、サムスンのフラッグシップモデルとして人気があります。
その他、注目すべき点

Google Pixelは、近年シェアを急速に伸ばしています。これは、Googleによる積極的なマーケティング活動や、高性能なAI機能が評価されているためと考えられます。
ファーウェイは、近年アメリカ政府からの制裁を受けており、日本国内でのシェアが落ち込んでいます。
中国製のスマホメーカー、OPPOやVivoのシェアも徐々に拡大しています。
調査方法

調査対象:全国16歳以上のスマートフォンユーザー1万6453人
調査期間:2023年8月
調査方法:インターネット調査
参考情報

MMD研究所: https://mmdlabo.jp/
スマホシェア推移 2023年最新版! 最新機種・メーカーのランキングも: https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2405/29/news103.html
2023年最新!スマホシェアランキングTOP10と売れ筋機種の傾向: https://kakaku.com/keitai/smartphone/?pdf_pg=2
なお、このランキングはあくまでも調査結果に基づいたものであり、実際の利用状況は異なる場合があります。

Follow me!