こんにちは、今回はPhoto shopを使って簡単なパラパラ漫画の作り方についてご紹介したいと思います。

  1. まずはPhoto shopを開きます。
  2. 上のウィンドウタブからタイムラインを選択
  3. 画面下にタイムラインが表示される
  4. あらかじめ作成したレイヤーをタイムライン上に重ならないように配置
  5. それぞれのレイヤーのバーの長さを調整して仕上がりを確認
  6. 再生ボタンをクリックし完成したら、Web用に保存

タイムライン上のバーですが、これは動画を構成する1コマの表示の長さを調整できます。表示の長さを調整できるということで、例えば、動画の最初から最後まで登場させたいレイヤーは動画の尺いっぱいまでバーを伸ばせます。

つまり、例えば建物などは、バーを最大限にして動画の尺全部に登場させ、人や動物など動きのあるものはその都度レイヤーを増やしてあげれば自然な動画が作れます。

動画が不自然にならないようにするためには、レイヤー同士がタイムライン上で重ならないように注意してください。もし重なってしまうと、複数の画像が重なって見えてしまい、結果的に不自然な仕上がりとなってしまいます。

また、より滑らかにパラパラ漫画を作りたい場合はレイヤーを増やして、コマ数を多くしてあげれば解決いたします。

 

簡単なご紹介でしたが、基本的な操作を覚えればPhoto shopはいろいろな表現の動画を作成できます。